*

2016年1月

私はアベノミクスという言葉に誘われよく準備をしない

私はアベノミクスという言葉に誘われ、よく準備をしないまま、株への投資を始めたばかりの初心者です。はじめは全然儲からず、赤字で苦しんでいたのですが、このところは経済が上向きなのか、私の手法がうまくなったのか得をするように変わってきました。株の空売りを実際にしている株式投資の初心者は少ないだろうと思われています。けれども、株式投資を資産運用のひとつとして長期間続けていこうと思っているのでしたら、身につけておいたほうが得策だと思います。その理由は、空売りを知るということは株を買うほうの意識だけでなく、売る側の考え、意識も考えていくようになるので、行える取引の幅が広まり、株取引がより楽しめるようになるからです。株のデイトレードによってわずかな期間に大もうけできる人は間違いなくいます。デイトレードというものは、買った株を持越さないで当日のうちに手仕舞いしてしまうやり方なので、予測できないほどに株価が下がってしまうこともあまりなく、リスク管理が容易でしょう。投資の初心者が株式投資を始めたいと思った場合は、できる限りリスクが少ない資産運用の方法を選択する必要があります。最初から個別の株を売買するよりも、初めはファンドなどから運用した方がよいかもしれません。それから、少し取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式の取引をスタートするとよいでしょう。株式投資の分野ではテクニカル指標を操って株の投資をしている方たちが数多くいます。このため、株投資の新米もテクニカル指標については一通り専門書などで学んでから株の取引などを始めた方が、勝率が上昇するでしょう。株については初心者が基礎知識習得のためにすべきことは、まず株式投資についての本を読むことで、口コミ評価の高い本を5冊以上読まなければならないと言えるでしょう。株式投資関連の本を五冊ほど読めば、読破した本の中の共通する部分は大事なところだということがわかるからです。株式を売ったことにより、利益となった際の税金は申告分離課税が原則となるのですが、証券会社で開いた特定口座での取引の際はその人に代わり、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。確定申告による手間が省ける便利なシステムですが、損失繰越をする時などは確定申告をすることとなります。1点集中型の投資を実行する方には不必要かと思いますが、株や債権、海外投資など、多種の投資を行う場合はポートフォリオに着眼して投資判断をするべきです。投資でもっとも大切なことは、リスク分散型の投資スタイルですからポートフォリオによって優れたバランス投資ができているのか、こまめに確認することが必須かと思われます。私はちょっと前に株を開始したばかりの初心者で、株投資ビギナー用の本を購入し、勉強しています。参考にできそうな本も多いものの、「おやおや?こっちの本と書かれていることが違うんじゃないか?」といささか疑いを持つ本もあるものですが、良い所も駄目な所も全体を勉強していきたいです。株式投資の新米に是非とも覚えてほしいワードにキャピタルゲイン並びにインカムゲインがあります株式で利益を上げるにはこの二つのワードを覚えておいてください。キャピタルゲインは株式売買で出てくるマージンのことです。例をあげると、1万円で買った株式を2万円でトレードすれば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。http://www.presto-tek.biz/